一戸町奥中山のIGRいわて銀河鉄道奥中山高原駅で11日、今季のイルミネーションが始まった。色とりどりの光が駅舎を彩り、来訪者を出迎えている。

 町並行在来線利用促進協議会(会長・田中辰也町長)とIGRいわて銀河鉄道(浅沼康揮社長)の主催。同日の点灯式で、ボタンを押すと駅舎周辺が色鮮やかな光で浮かび上がった。今季は駅構内の陸橋にもライトを設置し、より広い範囲で楽しめる。

 イルミネーションは、駅利用者への感謝と周辺のにぎわい創出を目的に毎年実施。来年2月28日まで、午後4時~同11時半に毎日点灯する。