日本山岳・スポーツクライミング協会は12日、国際連盟に対して東京五輪出場基準の解釈変更の取り消しなどを求めたスポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴が棄却されたと発表し、CASの判断受け入れを表明した。これにより、昨年の世界選手権の複合で日本勢2番手だった男子の原田海(日新火災)と女子の野中生萌(XFLAG)が代表に決まった。世界選手権で女子の日本勢4番手だった伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高3年)は五輪出場の道が絶たれた。