盛岡東署(吉田良夫署長)は歩行者の事故防止を目指し、4こま漫画を使った啓発チラシを作製した。盛岡市中央通の盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校(工藤昌雄校長、学生393人)でアニメや漫画を学ぶ学生らの協力を得たもので、交通安全教室で配布するなどして浸透を図る。

 同署が7月、学生らに協力要請し、18人が計36点を描いた。このうち10点をチラシに採用。同校で10日に表彰式を行い、総合デザイン科3年の樋下雪乃さん(20)、デザイン科2年の佐藤凪さん(20)と野呂鮎佳さん(20)、同1年の山田笑子さん(19)に最優秀の署長賞を贈った。

 4こま漫画は▽しっかり確認▽横断歩道橋の効果▽耳をすませば―など事故に遭わないためのポイントをテーマに募集。チラシは4千枚作製し、交通安全教室などで配るほか、県警の会員制交流サイト(SNS)やホームページでも発信する。