2020.12.10

塗り絵で親しむ北上弁 子育てネット、転入親子へ「入門書」

北上市民がよく使う方言を塗り絵で学ぶ「きたかみ弁ぬりる」をPRする高橋夏江代表
北上市民がよく使う方言を塗り絵で学ぶ「きたかみ弁ぬりる」をPRする高橋夏江代表

 北上市の任意団体きたかみ子育てネット(高橋夏江代表)は、市民がよく使う方言を塗り絵で学ぶ冊子「きたかみ弁ぬりる」を発行した。県外出身の親子らが方言に親しむ「入門書」として、地域への定着を後押しする。

 A5判20ページで千部発行した。日常生活で使う30以上の方言を白黒で描かれたキャラクターの会話文などに交えた。正しい意味を選択肢から選ぶクイズ形式で、塗り絵とドリルを掛け合わせた。

 同市立花のみちのく民俗村で無料配布する。市内の育児関連施設などにも順次設置する予定だ。