県交通(盛岡市、本田一彦会長)は、来年1月末から段階的に、一部路線で磁気式バスカードの利用を終了する。3月下旬をめどに「地域連携ICカード」を導入するため。

 磁気式の終了は花巻空港線が1月末、雫石営業所管内の繋鶯宿線、小岩井農場線、雫石線、太田経由繋温泉線、滝沢小岩井線、滝沢長橋台団地線とイオンモール盛岡線の一部便が2月末。IC導入までは現金または定期券とする。