11月は県内で計167人の新型コロナウイルス感染が確認され、累計人数は10月末時点の27人と比べ7・2倍の194人に上った。複数の飲食店や消防分署などでクラスター(感染者集団)が発生し、家庭や職場に派生。高齢者にも拡大し、県内初の死者も含め計3人が亡くなった。県や盛岡市保健所は接触者の調査や検査で封じ込めに総力を挙げる。

 県内初の高齢者施設での発生を含め、クラスターは11月だけで少なくとも5件に上る。月前半は20~40代の感染が多く、徐々に高齢者も増えた。