【東京支社】遠野市出身の若竹千佐子さんの芥川賞受賞小説を原作とした映画「おらおらでひとりいぐも」(沖田修一監督)は6日、全国公開がスタートした。東京都中央区のTOHOシネマズ日本橋では、主演の田中裕子さんのほか、蒼井優さん、浜田岳さん、青木崇高さんら俳優陣、沖田監督が舞台あいさつし、映画をPRした。

 夫を亡くして以来、気持ちが沈む75歳の主人公・桃子さんの内面と新たな一歩を踏み出すまでの1年を描く作品。主人公を演じた田中さんは15年ぶりの映画主演となった作品を「想像を超えてポップな映画。お客さんが見終わったら、少しでもはじけてもらえたら幸せ」と呼び掛けた。