宮古市向町の介護施設あお空(大久保博社長)は、施設内のデイサービスを活用した子ども食堂を始めた。商店街やスーパーマーケットから食材協力を受けて親子らに温かい食事を無償提供し、家事支援や食育を行う。新型コロナウイルス感染症対策を取り幅広い世代を受け入れ、地域の憩いの場を目指す。

 今後は毎月第1水曜日の午後6時~同7時半に実施。対象は市中心部の子どもや家族がメインだが、制限は設けず大人だけの利用も可能だ。民間企業による実施は市内初で、軌道に乗れば回数を増やす。