2020.11.05

栗駒国定公園・焼石連峰(奥州市)=11月4日7時~

焼石・雪の三沼!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

一足早く美しい雪の風景を楽しみました!

 願わくば、姥石平まではと考えて入山したものの、雪と強風にさいなまれ断念し、雪の三沼を巡りました。

 まだ葉の残る樹木に、湿った重い積雪がのし掛かり、登山道上に覆いかぶさる状態で、一部方向が分からないところもありました。

 樹木に覆いかぶさった雪を一つ一つ払い落としながら進みました。雪の重さに耐えられず倒木した立木(ブナ)も見られました。

 しかし、一方で、山眠る季節としては、早々の積雪により、思いがけない一足早い、雪景色を楽しむことができました!

 野鳥たちが、草木の実を食べる間も与えず、多くの草木の実も目につきました。

 ルリビタキが数羽現れ、餌をついばんでいる姿を見ることができました。残念ながら、近くに来た所では写真に収めることはできませんでした。

 ダム湖周辺の紅葉の彩りは、ややピーク過ぎかなと言う状態を迎えていました。雨にぬれ、きれいな彩りとなっていました。

しだれ桜のように垂れ下がる中沼のブナ林!
雪景色の中沼!
雪景色へと進む上沼です!
雪の石沼、水墨画の世界です!
雪景色の中のマユミ!
登山道を覆う雪の重みで垂れ下がる木々!
晩秋の趣ある中沼林道!
ダム湖周辺の紅葉!
雪降る中、餌を探し求めるルリビタキ!(ピンボケ(_ _)!)