東京商工リサーチ盛岡支店は4日、10月の県内企業倒産(負債額1千万円以上)がゼロだったと発表した。単月の倒産がなかったのは1966年8月以来、54年2カ月ぶり。新型コロナウイルス対策に伴う資金繰り支援や需要喚起策が一定の効果を上げる半面、多くの企業は業績回復に至っておらず倒産リスクは依然高い。

 コロナ禍に見舞われた本年度上半期(4~9月)の倒産は、月1~6件で推移。中小企業に対する資金繰り支援や政府の観光支援事業「Go To トラベル」などの効果もあり、例年同様に1桁台にとどまった。