新型コロナウイルスの影響を受け、県内の飲食店やホテルで客が好きな料理を自ら取るビュッフェ形式が変化している。

 料理はアクリル板で囲い、大皿盛りではなく小分けに。客は料理を取り分ける際に手袋を着用し、トングは頻繁に取り換える。感染対策を徹底して安心を前面に打ち出し、遠のいた客足を何とか取り戻そうと工夫を凝らす。