2020.11.30

くずまき鍋 彩り豊か 町と三セク、特産活用し1日発売

くずまき交流館プラトーのみそチーズ風味鍋(上)、森のこだま館のトマト風味鍋(左下)、ふれあい宿舎グリーンテージのみそ風味鍋(右下)
くずまき交流館プラトーのみそチーズ風味鍋(上)、森のこだま館のトマト風味鍋(左下)、ふれあい宿舎グリーンテージのみそ風味鍋(右下)

 葛巻町は12月1日から町内の第三セクター3社と連携し、町の特産品を生かした新商品「くずまき鍋」の販売を始める。山梨県の郷土料理「ほうとう」をイメージしたメニューを特製の南部鉄瓶鍋で提供。心も体も温まるような商品として人気を集めそうだ。

 食材には町産のシイタケやくずまき高原牛、牛乳などを使用。いずれの鍋にも町の郷土料理として町民に親しまれる手打ちきしめんの「ひぼがはっと」が入るのが特徴だ。