八幡平市で自転車を観光に活用した取り組みが進んでいる。地元の観光地域づくり法人・八幡平DMO(畑めい子社長)を中心にスキー場や宿泊施設などがタッグを組み、冬以外でも楽しめるようゲレンデ内にマウンテンバイク(MTB)コースを新設。来年度から国内外の観光客に向けた発信を強化し、市内への誘客や魅力アップにつなげる。

 2日は安比高原スキー場(畠山護支配人)で、同DMOが観光関係者や愛好者向けにセミナーを開催。市内外から参加した10人余りが、スポーツタイプの電動アシスト自転車「イーバイク」の試乗などを体験した。