ヤクルトは2日、九戸村出身の風張蓮投手(27)=伊保内高-東農大北海道オホーツク=に来季の契約を結ばないと通達したと発表した。巨人の育成契約3年目の比嘉賢伸内野手(20)=盛岡大付高=も支配下登録はならなかった。

 風張は2014年ドラフト2位で入団。18年は中継ぎで53試合に登板し、初勝利を挙げた。今季は11試合で14回2/3を投げ11奪三振。防御率は7・98(自責点13)だった。通算88試合で2勝4敗、防御率5・79。

 比嘉は今季、2軍の出場機会が無かった。