【東京支社】9月に現役引退を表明したプロボクシング元世界3階級王者の八重樫東(あきら)さん(37)=北上市出身=は28日、東京・後楽園ホールで特別スパーリングを披露し、ファンに引退を報告した。

 大橋ジム所属の桑原拓(日本フライ級9位)と2ラウンド拳を交え、現役時代さながらのワンツーやスピード感あふれるステップで会場を沸かせた。ゴング後には多くの名勝負を生んだ「激闘王」に温かい拍手が送られた。

 八重樫さんはリング上であいさつ。「コロナの状況下で集まっていただき感謝している。これからジムを盛り上げていきたい」と声援に応えた。