第43回県高校総合文化祭美術工芸展(県教委、県高文連主催)は27日、盛岡市内丸の県民会館で始まり、絵画やデザイン、立体、工芸の入選作品408点が並ぶ。30日まで。

 学校生活の一部を切り取った絵画や社会の問題について啓発するデザイン作品が目を引く。

 61校から739点の応募があった。入選の中から43点が特賞に選ばれ、そのうち7点が来年の全国高総文祭美術・工芸部門(和歌山県)に推薦された。

 午前9時~午後6時(30日は午後1時まで)。入場無料。