新型コロナウイルスの感染が広がる県内で、加湿器の売れ行きが好調だ。盛岡市内の家電量販店は昨年同期比で売り上げが2倍以上に伸び、入荷待ちの商品も出ている。レンタルを扱う店でも企業などから予約が相次ぐ。

 高湿度だと感染リスクが抑えられるとの研究結果もあり、加湿能力が高い製品に人気が集まる。乾燥しやすい冬場を前にクラスター(感染者集団)も発生し、湿度への意識は一気に高まっている。