「復興五輪」を掲げる東京五輪に向けて、東京都は本県など震災被災地の高校生の姿を紹介する復興支援映像「2020年と、その先の未来へ」を公開した。スポーツや文化活動に取り組む若者の熱意や、世界中から寄せられた支援への感謝を伝えている。

 「私たちは歩み続ける」という若者の誓いの言葉でスタートする映像は、岩手、宮城、福島の被災3県の高校6校が協力。昨年撮影を行い、本県からは宮古高、北上翔南高、盛岡一高が参加した。