宮古市茂市の湯ったり館(山口公正社長)は23日、大浴場にリンゴを浮かべる「リンゴ風呂」を企画した。入浴客は真っ赤なリンゴに秋の深まりを感じながら日々の疲れを癒やした。

 同館が毎年続ける秋の風物詩で、市内の農家から規格外のリンゴの提供を受けた。

 同館では毎月季節にちなんだ催しを企画し、来月は同市新里地域特産の「かぼちゃラーメン」を販売する。