大船渡市三陸町吉浜 漁業 加藤 七一斗(ないと)さん(20)

 東日本大震災の時は吉浜小の4年生で授業中だった。すごい揺れでその後の余震も大きく、とても怖かった。父が漁業者で、震災からみんなで協力して復興していく姿がかっこよく感じ、自分も漁業に就いた。9年余りたち、漁港は整備されて浜の環境は良くなっていると思う。漁業は達成感のある仕事なので、仲間が増えてほしい。