宮古市の昭和通りのおかみさんもてなしたい(佐々木慶子代表)は21日、毎冬恒例のイルミネーション点灯を始めた。

 午後4時半に一斉点灯し、宮古駅前から末広町商店街、大通1丁目にかけて優しい光がまちを包んだ。

 東日本大震災犠牲者の鎮魂の意味を込め、来年3月11日まで点灯する。佐々木代表は「今年は電飾の数を増やし、コロナ収束の祈りも込めた。心安らぐ光を楽しんでほしい」と願った。