教育現場で新聞を活用する「NIE(教育に新聞を)」の実践報告をする第25回全国大会が22日、東京都内で開かれた。「ともに生きる 新聞でつながる」をスローガンに、新型コロナウイルス対策としてオンラインで開催し、講演などがライブ配信された。来年の大会は札幌市で開く予定。

 日本新聞協会の山口寿一会長は開会式で「児童生徒の資質、能力を育む生きた学びが期待されており、新聞はそのような学びを深めるために最適であると確信している」と述べた。

 講演した作家の真山仁さんは「知らないことを知る、疑問を感じ考えるきっかけとして新聞は使いやすい。学校でも新聞をきっかけにしてほしい」などと呼び掛けた。

 日本NIE学会の第17回大会も同日、オンラインで開催。「ウィズコロナ時代にNIEで培う力~ともに生き、つながるための資質・能力」をテーマに、全国大会との共同シンポジウムが開かれた。