日本クルーズ客船が運航する客船ぱしふぃっくびいなす(2万6594トン)が来年3月、大船渡と宮古の両港に寄港する。新型コロナウイルス感染症の影響で中断が続いた本県への客船寄港再開決定は、飛鳥Ⅱに続いて2例目。

 横浜港発着で3泊4日の日程。23日に出発し、24日午前8時に大船渡へ入港。午後5時に出港し、25日午前7時に宮古港へ入る。午後5時に出港し翌日、横浜港へ戻る。

 乗客や乗員は感染症対策のためPCR検査が必須。社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保のため、乗客定員の半数以下に当たる最大300人程度の運航を予定する。