2020.11.23

日報駅伝がスタート 感謝を胸に力走誓う

 第79回一関・盛岡間駅伝競走大会(日報駅伝、岩手日報社など主催)は23日、一関市から盛岡市までのコースで行われる。一般、高校の部に計33チームが出場。初冬の岩手路をたすきをつなぎ、今季の陸上シーズンを締めくくる。

 一般(11区間、95・0キロ)の22チームは午前8時に一関市のJR一ノ関駅前をスタートした。高校(6区間、49・2キロ)の11チームは同10時半に北上市の東北銀行北上支店前を出発。国道4号などを北上し、盛岡市の東北銀行本店前のゴールを目指す。ともに先頭は午後1時すぎ到着の見込み。

 今大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、表彰式は行わない。主催者は観戦者にマスク着用や大声での応援自粛などを求めている。

第79回一関・盛岡間駅伝競走大会・特設ページ

午前8時 一般の部スタート

 

午前10時半 高校の部スタート
◇     ◇

 詳報は、24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク