一関市の老舗菓子店松栄堂(小野寺宏真社長)の「ごま摺(す)り団子」は、JR東日本おみやげグランプリ2020で審査員特別賞を受賞した。

 JR盛岡支社運輸部事業課の小舟亨副課長らが19日、同市地主町の総本店を訪れ、小野寺社長に表彰状を手渡した。小野寺社長は「今後も商品を通して東北、そして日本全国を元気にできるように努力したい」と決意を述べた。

 ごま摺り団子は1988年に発売した同社の看板商品で、団子の中からごま蜜がとろけ出るのが特長。8個入り648円で、県内のJR主要駅売店などで販売している。