岩手日報社は、アーサー・ミラー作の舞台「セールスマンの死」を2021年1月21日、盛岡市の県民会館で開催します。前売り券は25日に指定プレイガイドで発売します。

 1950年代前後のアメリカを舞台に、かつて敏腕セールスマンで鳴らした主人公ウィリー・ローマンが60歳を過ぎて精彩を欠き、すべてに行き詰まった末に選んだ道とは-。

 出演は風間杜夫、片平なぎさ、山内圭哉、大谷亮介、村田雄浩ほか。演出家・長塚圭史のもと、個性豊かな実力派キャストが集結する舞台にご期待ください。

 ◇主催 県文化振興事業団、岩手日報社、IBC岩手放送

 ◇日時 2021年1月21日(木)午後1時開演

 ◇会場 県民会館大ホール

 ◇入場料 S席8千円、A席(3階)4千円。当日券各500円増し

 ◇プレイガイド 県民会館、アネックスカワトク、カワトク、いわて生協事業本部、岩手日報社、ローソンチケット(Lコード21982)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、座席数を減らして開催します。

岩手日報社