九戸村伊保内(いぼない)の二戸署九戸駐在所の森岩春雄所長(54)は、特殊詐欺被害を防ごうと実生活を考慮したオリジナルカードを高齢者に配り、被害を防ぐ成果を挙げた。カードには詐欺の事例を分かりやすく記し、固定電話の前に掛けるひも付きで配布。取り組み開始から1カ月で早くも効果があり、森岩所長は「村内でこれからも被害者を出さない」と力を込める。

 10月から村内の高齢者宅を中心に配布開始。30枚ほど配り終えた同月下旬、村内で警察官をかたる不審電話が相次いで確認された。電話を受けた同村の80代女性は一瞬戸惑ったものの、電話の前に掛けていたカードを見て駐在所にすぐに連絡し、被害はなかった。