2020.11.20

保護猫と暮らそう 盛岡の不動産会社、賃貸システムを開始

キャットウオークやキャットステップが設置された「シェアねこ賃貸」の1室=盛岡市材木町
キャットウオークやキャットステップが設置された「シェアねこ賃貸」の1室=盛岡市材木町

 盛岡市中央通の不動産会社ダイナリアルティ(続橋(つづきはし)志保社長)は保護猫の里親ボランティアとして猫と暮らす賃貸システム「シェアねこ賃貸」を始めた。

 同市の認定NPO法人もりねこ(工藤幸枝理事長)の保護猫を原則1年間預かる。もりねこによると県内初の取り組みで1部屋の入居者を募集中。「ペット可」物件が見つからず里親を断念していた人と、空き家が増えて困っている大家の双方にメリットがあり、何より猫たちの命を救う取り組みとして広げたい考えだ。