静岡県側の富士山の「1合目」って、どの辺りなのかな-。静岡新聞社(静岡市)の特命取材班に、同県沼津市の40代女性から声が寄せられた。

 そもそも「合目」とは? 素朴な疑問を抱えて、同県富士宮市の県富士山世界遺産センターを訪ねた。富士山の歴史を研究する大高康正准教授によると、富士山を10合枡(ます)として捉え、頂上までの位置(目安)を示しているという。

 富士山裾野ガイド協会の鈴木博己代表にも聞いた。「(山中で修行を積む)山伏は山登りを生涯に例えて山頂到達で一生、(10合に当たる)一升と解釈する」との説もあるのだとか。「実は、その位置は時につれ変わっているんですよ」

 例えば現在の富士宮口5合目は、1906(明治39)年開通の登山道では3合5勺(しゃく)の位置に当たる。御殿場口はかつて、現在の新5合目近くを1合目と呼んでいたという。

 なぜ? 再び大高准教授の元へ。徒歩や馬で頂上を目指した時代は、各登山道の麓に位置する浅間神社を起点に、乗ってきた馬を帰して徒歩に変わる地点「馬返し」を経て、1合目、2合目と登り、頂上を目指すのが常だったという。

 明治以降、馬車、バス、マイカーと交通手段の変遷に伴い、登山の出発点が麓から標高の高い位置に移り、「合目」の位置も動いたということらしい。

 現在は登山者の大半が、各登山道の駐車場がある5合目から頂上を目指す。静岡県側3登山道の5合目は、実は標高がバラバラ。須走口は2千メートル、御殿場口は1450メートル、富士宮口は2400メートルだ。

 その理由には諸説ある。大高准教授は「それぞれが『頂上までの近さ』をアピールする狙いから、車で行ける限界点を5合目と定めたのでしょう」との持論を話してくれた。

(静岡新聞社提供)