2020.11.19

感染予防の知識伝える手拭い 滝沢の企業、日常の対策 絵で解説

防災拭いを手に「正しい対策を携帯して感染症の防止につなげてほしい」と願う小野公司社長
防災拭いを手に「正しい対策を携帯して感染症の防止につなげてほしい」と願う小野公司社長

 滝沢市大釜風林のデザイン・商品開発クワン(小野公司社長)は18日、同社が手掛ける防災手拭いの新型コロナウイルス編を発売した。岩手医大付属病院感染制御部長の桜井滋教授の監修を受け、正しい手洗いや新しい生活様式をイラストを交え紹介。国内で感染が急拡大する中、予防の知識を持ち歩いてもらうことでまん延防止につなげる。

 同社の「防災拭い」シリーズの第6弾として発売。手の洗い方、マスクの使い方をイラスト付きで解説するほか、日常の感染対策、手拭いを使ったマスクの作り方を紹介する。

 1枚550円。盛岡市繋の盛岡手づくり村や自社サイトなどで販売する。

関連リンク