県競馬組合(管理者・達増知事)は本年度の収支見通しを10億3800万円の黒字に上方修正した。新型コロナウイルス禍に伴う外出自粛でインターネット販売が好調。確定すれば「単年度収支均衡」の存廃ルールを設定した2006年度以降最高益で、構成団体融資の4年ぶりの返済へ前進した。

 内訳はネット発売が計画比64・4%増、前年度比82・1%増の377億1900万円、自場発売は計画比39・3%減、前年度比42・1%減の28億3500万円、広域委託は計画比53・1%減、前年度比52・5%減の14億7500万円。