全国の警察の白バイ隊員が技術を競う全国白バイ安全運転競技大会(警察庁主催)で、県警交通機動隊の鈴木伸也(しんや)巡査長(34)が総合成績9位となり、県警初の入賞を果たした。

 鈴木巡査長は元プロのモトクロスライダー。未舗装路でのタイムを競う不整地走行競技で種目別優勝し「経験を生かして結果が残せた」と達成感をにじませる。

 今年50回目の大会は茨城県ひたちなか市で先月開かれた。警視庁と46道府県警の142人が▽バランス▽トライアル▽不整地走行▽スラローム-の計4種目で得点を競った。