2020.11.17

宮古で新たに2人の感染確認 新型コロナ、店名も公表

 岩手県は17日、新たに宮古市で男性2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。同市太田の居酒屋ニシザワを営む70代と、利用者の50代会社員。封じ込めを図るため、店名を公表した。

 1日当たりの利用者は40人程度とみられ、県は11~14日の利用者に宮古保健所への相談を呼び掛けている。

 同店はクラスター(感染者集団)が起きた盛岡市大通の飲食店ヌッフ・デュ・パプを7日利用した後に感染が確認された沿岸広域振興局宮古水産振興センター職員(20代男性)が11日に会食した。同席した職場関係の3人も感染が判明している。

 会社員男性はこの日に同僚8人と利用し、1時間余りは同センター職員たちと隣のテーブルで飲食した。

 県内の感染確認は計79人となった。

 

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク