来春卒業予定の県内高校生の採用解禁から1カ月。新型コロナウイルス禍の厳しい経済情勢を反映し、求職側の高校生が苦戦している。

 9月末時点の県内求人数は前年同期比15・0%減。16日は盛岡市のホテルで未内定者対象の就職面談会が開かれ、高校生、企業側とも真剣なまなざしで向き合った。

 企業の採用の見通しが徐々に立ち、前年同期からの求人数の減少幅は改善傾向にあるが、コロナの再流行による就職活動の長期化を懸念する声も上がる。