岩泉町大川出身で、県立農業大学校2年の村上一江さん(20)は、古里が誇る食用ホオズキの需要拡大に向けて商品開発に挑んでいる。25日から盛岡市の盛岡駅ビルフェザンで、ホオズキジャムを使った5種類のパンを試験販売。生産者の負担軽減のため、新たな栽培方法の研究にも取り組んでおり、卒業後も地元の農業振興に力を尽くす考えだ。

 試験販売は、盛岡駅ビルフェザン内のIGRいわて銀河鉄道改札正面にある「タベナクル」で25日から6日間実施。購入者へのアンケートも行い、ホオズキの魅力やニーズの把握にもつなげる。