2020.11.16

3人は宮古水産振興センター職員 新型コロナ感染の職員と会食

 岩手県と盛岡市は16日、新型コロナウイルス感染確認の15日発表分について行動歴を明らかにした。宮古市の公務員3人は沿岸広域振興局宮古水産振興センター職員だった。

 3人はクラスター(感染者集団)が発生した盛岡市大通の飲食店「ヌッフ・デュ・パプ」の7日の利用者で既に感染が確認されている同センター職員とともに、11日に会食した。

 このほか、新たに感染が分かった県内の大学に通う20代男子は、ヌッフを7日に利用。一緒に訪れた友人2人からはウイルスは検出されなかった。

 県内の感染確認は計75人。

 

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク