夜の冷え込みも増し鍋料理がおいしい季節。福井新聞(福井市)の特命取材班に「鍋を(みんなで)直箸で食べるのは新型コロナウイルス対策としてだめですか?」と疑問が寄せられた。専門家は「食べ物を介する感染を過度に心配する必要はない」とし「それよりおしゃべりで飛沫(ひまつ)が飛ぶことや換気に注意を」と基本の徹底を呼び掛ける。

 福井大医学部付属病院・感染制御部の岩崎博道教授は「感染リスクを下げる正しい取り組み」としつつ「心配すべきポイントは食べ物ではなく、あくまで大勢が近くに集まることで飛沫を吸い込んだり、手に付いたウイルスを鼻や目から体に取り込んでしまうこと」と強調する。

 「新型コロナは呼吸器感染症を引き起こす病原体。鼻から肺にかけての気道の粘膜に付着して増える。食べ物に付着していても、食道から胃に至る過程での感染リスクは低い。同じウイルスでも、冬場に多いノロウイルスなど、消化器感染症とは分けて考えて」

 そんな岩崎教授がお勧めする鍋の新様式は▽静かに食べる▽30分から1時間に1回、対面する窓を開けて5分換気▽おしゃべりは食べ終わってからマスク着用で-。冬場は粘膜が乾燥し呼吸器感染症が増えるといい「鍋は特に参加者の距離が近くなりがち。対策が難しければ、今冬の忘年会では見送るのも一つの手」。

 ただ、家族で鍋を囲む際には無言はいかにもわびしそうだ。「家族は一定の感染リスクは仕方がない面がある。マスク、手洗いでウイルスを家に持ち込まない対策を徹底し、体調が悪いときは食事に加わらないなどして楽しんで」と話した。

(福井新聞社提供)