久慈市侍浜町の桑田和雄さん(79)は、所有する山林に小さな水車小屋を建て「侍浜 おらほの水車」と名付けた。生活から姿を消してしまった水車を後世に伝えたいと、友人らの力を借りて今春から作業を続けてきた。古里の原風景を伝えていく場として、話題を集めそうだ。

 見学は無料。桑田さん(0194・58・2249)に事前連絡して受け付けている。