2020.11.11

初競り 昨年の半額 「江刺りんご」コロナ影響70万円に

競りにかけられる江刺りんごのサンふじ特選28個。昨年の半額となる70万円が付いた
競りにかけられる江刺りんごのサンふじ特選28個。昨年の半額となる70万円が付いた

 高級ブランドとして知られる奥州市産の「江刺りんご」の主力品種サンふじの初競りが10日、盛岡市羽場の市中央卸売市場で行われた。新型コロナウイルスの影響で、最高ランクの特選28個(1箱10キロ)は、過去最高値だった昨年の半額となる70万円だった。

 同日はサンふじ450箱、シナノゴールド270箱が出荷された。4年連続で特選28個を落札した同市羽場の仲卸業ベジフル姫神の中野健一課長(37)は「上限は100万円と決めて競りに臨んだが、買えてほっとした」と喜び、「コロナ禍で、リンゴに限らず全国的に初競り価格が割安になっていることを踏まえると、昨年より高値は付けられない」と説明した。

 丸モ盛岡中央青果(盛岡市)によると、同日の初競りでは、特選28個以外の平均単価は昨年並みを維持した。

関連リンク