2020.11.10

冬到来 盛岡で初雪観測 平年より3日遅く

冷え込む中、大粒の雪が宙を舞う=9日、雫石町橋場
冷え込む中、大粒の雪が宙を舞う=9日、雫石町橋場

 盛岡地方気象台は9日、盛岡で初雪を観測したと発表した。平年より3日遅く、昨年より10日早い。同日の県内は、冬型の気圧配置の影響で曇りや晴れとなった。

 雫石町橋場の道の駅雫石あねっこ周辺では同日午前、山々を紅葉が彩る中、真っ白な大粒の雪が舞った。施設利用者はマフラーや手袋を身につけ車内や施設に足早に歩いた。同町長山のパート従業員山崎昌子さん(59)は「雪を見ると冬が来たなと感じる」と白い息を吐いた。

 同気象台によると、10日の県内は冬型の気圧配置が続き、曇りや晴れとなる見込み。

関連リンク