陸前高田市で31日行われた三陸花火大会の会場近くで公道に路上駐車する車があふれ、警察や市に苦情が寄せられる事態となった。

 メイン会場近くの道路に数十台が並び、車内から花火を見る人が相次いだ。道幅が狭く、車同士のすれ違いができずに渋滞も発生。苦情は大船渡署に数件あり、市には「私有地に入られて荒らされた」との電話もあった。