宮古市田老の田老一小(筒井裕一校長、児童108人)と県NIE協議会(会長・田代高章岩手大教授)は11月6日午後1時50分から、本年度第1回NIE実践交流学習会を同校で開く。公開授業と講演を通じて、気軽に新聞を授業で活用する方法を紹介する。30日まで参加者を募集している。

 同校教諭による公開授業に続き、日本新聞協会NIEコーディネーターの関口修司さんが講演する。関口さんは東京都内の公立小学校教諭、校長を経て2016年から現職。教諭時代から社会科とNIEの研究を続け、校長就任後は区内全公立小中学校でのNIE推進に尽力した。

 講演では、NIEを気軽に始められる実践例や、新聞に親しむことで子どもたちにどんな変化が見られるのかを伝える。

 参加無料。事前の申し込みと、マスク着用が必要。会場の同校体育館では参加者の間隔を十分に空ける。

 申し込み・問い合わせは岩手日報社NIE読者部内の同協議会事務局(019・601・6215、nie@iwate-np.co.jp)へ。