野田村野田 内装業 岩山 勝行さん(59)

 あの日は揺れが収まった後に自宅に向かったが、屋内の被害がなく村内の現場に戻ってしまった。津波が自宅まで到達するとは思っておらず、田畑がのみ込まれる姿に言葉を失った。間一髪で助かった人も多く、一瞬の判断が生死を分けると感じた。いざというときにすぐに発進できるよう車の止め方にも気を付けている。一つ一つの準備が防災につながるはずだ。