県ホッケー協会(会長・佐々木光司岩手町長)は4日、同町子抱(こだき)の町ホッケー場でホッケーの県高校選抜チームと社会人チームとのテストマッチを行った。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、合宿や県外遠征の中止を余儀なくされている選手に練習の成果を発揮してもらおうと、同協会が初めて企画。選手たちは仲間と試合できる喜びを胸に、熱戦を繰り広げた。