公明党の山口那津男代表は4日、盛岡市内で開かれた党県本部の大会で、菅義偉首相が看板政策に掲げる「デジタル庁」新設に関して「岩手でも拠点になる都市がある。地域的なデジタル推進・拠点づくりが可能だ」との見解を示した。

 拠点都市を中心にデジタル化を進めることで「東日本大震災からの復興を成し遂げ、地方創生を進められる」と強調した。

 デジタル庁の設置先は、菅首相と2日に会談した際に福島県を提案したと説明。「首相は無理とは言わず、前向きに受け止めていた」との認識を示した。