久慈市湊町 久慈中2年 梶谷 凌雅(りょうが)さん

 東日本大震災が起きた時は幼かったが、祖母と高台に避難して「津波が来ないでほしい」と怖がっていたことを覚えている。授業などで学んだが、多くの方が亡くなったり行方不明になり、とても悲しい出来事だと思った。災害が発生したら避難する場所を家族で決めている。助かってさえいれば再び必ず会えるので、災害が起きたらまず、それぞれが自分の命を守る行動を取ることが大切だ。