西和賀町が町営温泉施設の民間譲渡を目指して実施した公募が30日に終了し、対象の全7施設に買い手はつかなかった。

 町は今後、地元自治会などと譲渡に向けて協議し、施設の運営継続を目指す方針だ。しかし施設の老朽化に加え、町内の高齢化や人口減少も進む中、見通しは不透明だ。