2020.10.31

久慈4年連続の頂点 県高総文祭器楽コンクール

息の合った演奏で最優秀賞に輝いた久慈マンドリン部
息の合った演奏で最優秀賞に輝いた久慈マンドリン部

 県高校総合文化祭の県高校器楽コンクール(県高文連など主催)は30日、盛岡市の県民会館で開かれ、久慈が4年連続の最優秀賞に輝いた。優秀賞には北上翔南が選ばれた。

 5校が参加。マンドリンやギターなどで邦楽やクラシックを演奏し、美しい音色を響かせた。久慈マンドリン部18人はアイコンタクトを取りながら、息の合った演奏を披露した。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、保護者や一般客の入場を制限し、無観客で行った。同部は来年度の全国高校総合文化祭(和歌山)器楽・管弦楽部門に県代表として出場する。