三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)は11月1日から、三陸の海の幸などの弁当を車内で堪能できる「2020秋 プレミアムランチ列車」を運行する。お座敷列車を使う宮古-釜石コースと、レトロ列車で行く宮古-久慈コースで、絶品メニューを提供する。

 久慈コースは「スペシャル瓶ドン」、海鮮尽くしの「リアスの宝箱弁当」(各2400円)を予約可能。釜石コースは2段弁当の「浄土ケ浜弁当」「岩泉短角牛ローストビーフ弁当」(各2500円)が予約できる。

 11月29日までの土日(15、21日除く)と同23日に運行。乗車2日前の午後1時までに予約が必要。問い合わせ・予約は旅客営業部(0193・62・7000)へ。