山田町出身の大川勤(すすむ)さん(70)=群馬県みなかみ町=は2日から、山田町川向町の町まちなか交流センターで、自作の切り絵作品約160点を展示販売する作品展を開いている。町の風景などを題材に30年以上制作を続け、東日本大震災後は売り上げを寄付してきた。高齢のため地元では最後の開催で、古里に寄せる愛と復興への願いを作品に込めて届ける。

 大川さんは群馬県の中学校教員として働き、退職後に発生した震災で、津波に襲われた古里の惨状に心を痛めた。「自分にできることで支援したい」と2012年から個展を企画。これまでに計8回開き、売り上げの一部約40万円を町や支援団体に寄付した。

 作品展は4日まで。午前9時~午後5時(4日は午後3時)。入場無料。切り絵作品は額装しA2サイズで5千円、色紙サイズで2千円。問い合わせは大川さん(090・9315・1187)へ。